水道の工事を開始する前に

水道の工事を開始する前に建設業許可を取得する

オフィスビルや商業施設などに使用する建物を作る際には、その前段階としてさまざまな手続きを行わなければなりません。建物というのは、通常の道具などと比べて重要性がかなり高い財産であるためです。作るのにかかる費用も高額で、工事をする際にはたくさんの作業員が安全に仕事を進められるように配慮する必要があります。電気や水道などの配管の工事も行わなければならないため、専門的な知識と経験のある人材を集める必要があります。労働安全衛生法などの法律に規定されている安全管理者や安全衛生推進者などの専任も行わなければなりません。

そういったことがきちんと出来る業者のみが、建設作業の仕事を任せられます。そして、建設業許可という制度があり、行政機関にその申請を行ってから着工するという流れになっています。建設業許可を得るためには、まず書式に則って書類を書く必要があります。空欄が多かったり、記載内容が曖昧だったりすると、建設業許可を得ることが難しくなるため時間をかけて仕上げる必要があります。特に水道の配管に関する事項について、具体的な数字を用いて記載をすることが求められています。水道の配管がしっかりしていないと水漏れをしてしまうことがあるためです。

また、建物の建設が完了してから、壁に埋め込まれている部分の水漏れが発覚すると、修理をするのに多額の費用がかかってしまいます。さらに、修理をしている最中は、その建物を通常通りに使用することが難しくなるため、建物を普段使用している人への影響が大きいです。こうしたことから建設業許可を得る際には、水道に関する事項についての記載をするようになっているというわけです。

行政機関に申請書を提出して無事に建設業許可を得ることができたら、工事を開始するという流れになっています。その際には、現場監督が大勢の作業員に指示を出して作業を行います。建設作業においては、他の仕事と比べて危険を伴うことが多いということから、ヘルメットを被って仕事をしなければなりません。ヘルメットを被っていれば上からものが落下してきた場合でも、頭部を守ることができるためです。そうすれば、安全に作業をすることが可能になります。安全管理者にも現場監督と同様にそういった配慮が求められています。行政機関が建設業許可を出すにあたっては、そういった体制がきちんと整っている業者かどうかということも、判断した上で行います。