取得していない業者数

建設業許可を取得していない業者の数

建設業許可は、大きな金額の工事を行う業者にとっては、取得が義務付けられていますが、500万円以下の軽微な工事を行う場合には、取得していなくても法律的には問題ありません。したがって、現在、建設業許可を取得していない業者の数もかなりあるといえますし、特に、内装業者などの場合には、金額が低い工事も多い傾向にあるため、多数の業者が建設業許可を取得していないといえるでしょう。さらに、せっかく建設業許可を取得しても、更新しなかったために、失効してしまうという業者の数も少なくないようです。

建設業許可を取得しない理由については、5年ごとの更新を忘れてしまった、というケースの他にも、近年の景気の影響もあるかもしれません。また、申請するためにかかる費用も、大企業なら問題にならないかもしれませんが、小規模の業者にとっては、かなりの負担となってしまうケースもあります。さらに、毎年、必要となってくる、決算報告書の作成を行政書士に依頼するのであれば、それに対しての金額も毎年、発生してしまうことになるのです。

ですから、主に、500万円以下の工事を行うような業者にとって、建設業許可を取得していない業者の数が少なくないのには、このような事情があるからともいえるでしょう。しかし、たとえ小規模な業者であっても、しっかりと仕事をしているのであれば、建設業許可は、取得しておいた方がメリットが大きいともいえるのです。その理由としては、仕事を依頼する側にとっては、その業者が非常に良心的な業者であるか、手抜き工事を行うような業者であるかは、見極めることが難しいといえるからです。500万円以下の軽微な工事であれば、特に資格などは必要ないのですから、素人のような技術の人でも内装などの作業を行っている可能性も否定できないのです。しかし、それでは、きちんと仕事を行っている業者が、そのような低レベルの業者と区別するのが難しくなってしまいます。ですから、信頼を得るためにも、建設業許可の取得は大きな意味を持つともいえるのです。

すべての業者が建設業許可を取得しているのであれば、その中から、さらに信頼できる業者を選定するという必要も出てきますし、建設業許可を取得している業者が全て信頼できる業者であると考えてしまうのは短絡的ともいえるかもしれません。しかし、とくに、規模の小さい業者にとっては、信頼度を向上させるための重要なものといえるでしょう。